So-net無料ブログ作成
検索選択

ちゃんぽん味のポップコーン!?長崎の新名物の予感-長崎の路地裏café- [話題]




スポンサーリンク





shop.jpg
出典:http://nagasaki-no-cafe.com/shopinfo.html


ポップコーンと言えば、キャラメル味や塩味、チーズ味などメジャーところを思い浮かべると思います。


しかし、長崎にはなんと新感覚のポップコーンとして、ちゃんぽん味や角煮まんじゅう味、佐世保バーガー味などのポップコーンがあるんです。


しかも、このちゃんぽん味のポップコーン早ければお昼前には売り切れになっている場合があるので、購入を考えている人は早めにお店に行くことをおすすめします。


そのお店が、『長崎の路地裏café』というお店なんですが、2014年にopenして1年くらいなんですが、地元のテレビや全国ネットでも放送されてジワジワと人気が出てきているんです。


私は、カステラ味のポップコーンを食べたことあるんですが、ポップコーンにまんべんなくコーティングされていてとても甘くて美味しかったです!!


変わった味はちょっとという方でもちゃんと、塩味や、キャラメル味、チーズ味などありますからご安心を。


お店は1Fと2Fに分かれているんですが、1Fはポップコーン製造ディスプレイのスペースになっていて、2Fはcaféスペースになっています。


IMG_7162.JPG
出典:http://umakamon.area9.jp/article
/0193278.html


そして、何といっても店内に入り最初に1番最初に目を引くのはポップコーンのパッケージなんですが、とても素敵なデザインなんです。


なんか、万華鏡やステンドグラスをイメージして長崎らしく和・華・蘭を表現したデザインにしているそうです。


ポップコーンの味の種類は、たくさんありますが、大きく分けて4種類あるようです。


IMG_7156.PNG

【スウィートポップコーン】

● 雲仙SALTのキャラメル味
● 長崎カステラ味
● 苺味
● 薔薇味
● スマトラ島マンデリン珈琲味
● ミルクセーキ味
● 長崎玉緑茶味
● ノブドウショコラ味
● からすみ味

各税込540円 (からすみ味は値段未定)


IMG_7157.PNG

【おつまみポップコーン】

ローズマリービーフ味
● 長崎ちゃんぽん味
● スパイシーブラックペッパー味
● チーズ味
● 角煮まんじゅう味
● 佐世保バーガー味

各税込432円


IMG_7157.PNG

【薬膳ポップコーン】

● 島原薬膳 具雑煮ポップコーン
● 島原薬膳 中華ポップコーン
● 島原薬膳 イタリアンポップコーン
● 島原薬膳 ココナッツカレーポップコーン
● 島原薬膳 タンポポ・ウイキョウ味

各税込540円


IMG_7159.PNG

【プレミアムスウィートポップコーン】

● マカダミアン珈琲&雲仙塩のスウィートSALT味

各税込756円


IMG_7161.PNG

【透明容器】

季節により、中身が変わる期間限定商品で、中身の種類は、季節に応じて2~4種のミックスとなっています。

各税込1080円



何とも驚きの味ばっかりですよね~。


このポップコーンは取り寄せもできるみたいですが、毎月取り寄せできる商品が変わるみたいですね。


のしにも対応しているようなので、機会があればぜひ利用してみてもいいかもしれませんね。


ちなみに、ポップコーンの賞味期限は、スウィート系が90日前後でおつまみ系が25日前後みたいです。



そして、2Fにはcaféがあるみたいなんですが、ここもまたこだわりがすごいんです。


IMG_7163.JPG
出典:http://umakamon.area9.jp/article
/0193278.html



店内のイメージは明治時代の建物の面影を再現した空間のようで、こだわり抜いているようですね。


珈琲も長崎に伝来されていたと言われている種類の、スマトラ島のマンデリン珈琲を使用していて、土佐和紙のドリップで、真心こめて、一杯一杯ハンドドリップしているようです。


土佐和紙で入れる珈琲は、雑味が最大限に取り除かれ、香り高くスッキリとした味わいのようですね。


テイクアウトもあるようですね。


IMG_7164.JPG
出典:http://umakamon.area9.jp/article
/0193278.html



私が一番驚いたのが、ここのメニュー表なんですが、ちょっと変わった感じなんですが、実はドリップで実際使用した土佐和紙を綺麗に洗って再利用したものにメニューをかいているようなんです。


なんとも洒落ていますよね~。


珈琲も普通の喫茶店などでは、カップに出される場合が多いと思われますが、ここはなんと湯飲み茶わんに珈琲を注いでおもてなしされるようで、またまた斬新な発想ですよね。


fc2_2014-05-14_15-48-26-409.jpg
出典:http://umakamon.area9.jp/article
/0193278.html



しかも、一つ一つがお洒落すぎてずっとここに居たいと思わせてくれる空間のようです。


ちなみに、私は「ポップコーンパフェ」を是非食してみたいです。


IMG_7160.PNG
出典:http://umakamon.area9.jp/article
/0193278.html


お近くにお立ち寄りの際は、是非立ち寄ってみてくださいね。


今後ヒットの予感がするお店ですね。


〒850-0851 長崎市古川町5-15
TEL:095-895-8997
営業時間:10時〜19時

公式ホームページ
http://nagasaki-no-cafe.com/shopinfo.html









スポンサードリンク























nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。